Love Africa

Wanna Be Starting Something

2025年3月28日|

カテゴリー:blog

産後の嫁の胸とペット

女という生き物は生理がある間はペットを飼いたがるものである。
子供を産んでいない女性ほど、この傾向が強いように感じる。多分、メスの育児本能なのだろう。
イヌやネコ、あるいは小鳥、文鳥やインコ、ウサギ、変わったところではニシキヘビなど、さまざまな種類のペットがいるが一般的なのはイヌ、ネコではないか。

それで、ペットを溺愛するタイプに多いのが再婚して自分の子供を産んでいない女性のパターンかもしれない。
旦那の連れ子はいるが、自分の産んだ子供ではない。自分の子供が欲しい。でも、産めない。生まれない。

自分の子供を育てることが出来ない代替行為としてペットをかわいがるのではないか。
親戚のおばさんが、そっくりそのまま、このパターンであった。

ちなみに私の母親は文鳥やインコを飼っていた。この人はネコが嫌いだったので、ペットの選択肢にネコはなかった。
理由を聞くと「ネコは化けて出る」と言った。
化け猫という言葉はあるが、化け犬とか、化け猿、化けウサギなんて単語はない。
ネコは化けるから嫌いだと言った。それで小鳥を飼っていたのであるが、可愛がっていた文鳥が野良猫に食べられてからは、ますますネコが嫌いになった。文鳥がいなくなってからはセキセイインコを飼い始めた。

しかし、これも生理があるまでのことである。私が中学生くらいのときに卒業、閉経したのであろう。
途端にペットに興味を失った。

翻って、我が嫁である。かつてはネコを飼いたいなどと言っていたが夫婦共働きの場合、エサをやったり、フンの始末などしていられる訳がない。ましてやイヌの場合は散歩もしなければならない。(室内犬という選択肢もあったのかもしれないが)そんなこんなでペットは飼わずじまいであった。

そして、そろそろ閉経、女としては卒業ではないか。この前、偶然にも嫁の胸を見てしまった。
乳首が以前より相当、黒ずんできた気がする。若い時なら、こんなものを使ったのかもしれないが。
最近では諦めモードで、使うはずもない。

産後の胸  しぼむ

私も嫁に合わせて卒業なのか。

2017年3月18日|

カテゴリー:美容

職場の匂い

蒸し暑い毎日が続くものである。ただし、去年の夏よりは良いであろう。理由は職場にわきがの人間がいないからである。
仕事だけでさえ、ひどいのにわきがの臭いで鼻がおかしくなりそうなのだ。たまったものではない。
無論本人も気にしてはいると思うのだが、それでも堪らない。彼は今頃何処で何をしているだろうか。
わきが手術をしたのだろうか。最近はデオドラントケアも良い商品が、たくさん発売されているらしい。
なかでも最近、話題なのがミョウバンクリームだという。

それにしても、今日から仕事である。短い休暇であった。

遊んだような、そうでないような感じである。

学生とは違うのである。短くても文句は言えない。

それで、仕事であるが、人事異動で、また新しい人間が大量に送り込まれてきた。ほぼ全員が派遣社員である。過去に見たことのある顔もあった。
それにしても暑い。年々、毎年気温が上がっているような感じがするのであるが、気のせいであろうか。
多分、気のせいではなく実際に気温が上がっているはずである。数字で分かる。


これだけ暑いと発汗量も大量である。汗で脇の下が気持ち悪い。

シャツに黄ばみがついていなければ良いのであるが。今度これを使ってみよう。

それから、とりあえず、前々から気になっていた手足のしびれの診察のため病院に行ってきた。

行く前は、かなり怖かったのであるが、案ずるより産むがやすしとは良く言ったものである。
それで、前々から気になっていた足の健康の問題であるが、診察結果は大した問題はなかった。

特に大きな問題は無いけれどとりあえず5日分の薬を出しておきますとのことであった。
それと2日のセミナーであるが問い合わせの返信はまだ来ない。彼に相談してみたところ彼なら挑戦してみるとのことであった。
これからしなければならないことは広告の作成とエンジン会社への修正依頼である。しかしなかなか時間が取れない.

病院の待合室には、以前見たのと変わらぬ油彩、仏画が飾ってあった。院長自身の作であるという。なかなかのレベルである。


ドクターも、前と同じ人だった。軽く問診をしてレントゲンを4枚撮影した。

足のレントゲンである。縦、横、上向き、まっすぐ。4枚である。

診察結果は大したことはなかった。パソコンの使い過ぎで首の神経が圧迫されているということであった。
なるべく固定された状態を作らないこと。手を広げて閉じる運動をすることを言われた。MRIやCTスキャンは使わなかった。大した金額ではなかったので安心した。
冬場は、どうしてもそういう症状が出やすいとのことであった。

あと、保温に気をつけなさいとのことであった。
薬は鎮痛剤の軟膏を出された。無事で良かった。

足の健康については、こちらで勉強しよう。足の匂いを消す方法
 

2017年1月 2日|

カテゴリー:仕事

通勤



今日の通勤は、いつもより3時間早く家を出た。ドアを開けようとすると凍りついて動かない。
ポットの湯をぶちまけて何とか反対側のドアが開いた。最悪、窓から出ることも考えた。


新潟では二階の窓から家を出たなんて話を聞いたことがある。

子供の時に、そんなことがあったように記憶している。道路では2速で20キロで走る。
前が見えない。


クルマを運転していると、途中でワイパーが変な音を立てる。雪ではなく氷が原因である。
雪が凍てついて氷になっているのだ。


つまり雪が氷になって硬度を増したのだ。



ワイパーが壊れたかと思った。


赤信号で車を止めて氷を捨てる。

融雪装置の水で足元が濡れて、靴がびしょ濡れになった。

今日はブーツを履いてくるべきであった。


いみじくも母親が言った通りである。
家族の配慮は参考にするべきである。
会社の駐車場ではスリップで身動きが取れなくなった。

守衛の人がスコップを持ってきて助けてくれた。

どこで誰に助けてもらうか分からないものである。
普段から守衛さんとも親しくしていなかったら助けてもらえなかったかもしれない。
別に見返りを求めて親しくしていたわけではないが、こんな形で返ってくるとは思わなかった。
さて、これから朝まで仕事である。帰りの駐車場からは出れるのであろうか? 

2016年1月25日|

カテゴリー:仕事

大学受験




人間力と技術力のどちらが重要であるか、若い時は人間力のほうが大事だと考えていたが、どうやら違うようだ。あの時、私のほうが人間力で勝っていたにも関 わらずシステムの中心にいなかったのは、私に技術力が欠けていたからである。飲み会では下の連中は誰を差し置いてもまず真っ先に私のところへ注ぎにきた。 下の連中の目から見れば、私が何十人いる人間の中で一番価値のある人間として映っていたということである。私には肩書きがなかったから、裸の私に価値を 認めていたことになる。では、最終的に何故、あのような結果になったのかを、今一度良く考えてみる必要があるのではないか。

俺、実は終わってんじゃねえか。始まる前に終わってんじゃねえか。仮に今から社会的に成功を収めたとしても、この年齢である。残りの人生を楽しむ時間は少ないし、身体も無理が効かなくなっている。いったい、どこで歯車が狂ったのか。それとも最初から狂っていたのか。あるいは狂っているのが正解なのか。答えを求めて、長い時間、彷徨ってきたが。。。。

 ことの始まりは大学受験からではないか。

それで親戚の子供が、近いうちに大学受験をするという第一志望校を聞くと、関西の大学だという。学校の担任の先生から勧められたということだ。この学校の卒業生には、どんな人がいたであろうか。確か宗教系の大学ではなかったか。お寺の息子が多いのかもしれない。そんなわけで、彼は大学の願書を取り寄せたそうだ。

甲南大学 願書


余談かもしれないが、受験生に人気の「踏ん張り砂」というのがあるらしい。JR金沢駅で配布しているそうだ。


これは貨物列車が坂道を登るときに滑らないように線路に撒く砂だという。

転じて滑らないと言うことで受験生のお守りに良いのだと言う。


今度、大学を受験する親戚の子供にも、ひとつあげようか。この子供は甲南大学を受験すると言っていた。

また併願校として、彼は実家が、お寺でもないのに仏教系の学校を受験するのだという。もっともキリスト教徒でなくても同志社大学や上智大学、青山学院大学に入学する人間は、たくさんいるのであるが。
 

果たして合格するのであろうか。合格したら当然、入学祝いを包まないといけない。

 

ところで、この砂であるが、「砂」ひとつだけでもアイデアひとつで立派なアイテムになるのだ。


私もアイデアだけでカネを生み出せるようになりたいものである。  

2016年1月 2日|

カテゴリー:blog

今月

今月、私はここで未確定11万ほど。やってきたことが形になりつつあります。
作りたい商品はたくさんあるのですが、最近、これで良いのかなと疑問に感じてる部分があるのですね。
時間がなくて出来ないというのもあるのですが。 これは。メデイアと広告主に振り回されるビジネスモデルなわけです。
新聞の定期購読、NHKの受信料、水サーバー、不動産賃貸収入、会員制ビジネス、 このような硬い収益構造に転換出来ないか、脳に汗をかいているのですが。。。
。 それで、今月末までに準備の関係で、今日、会場の方に参加人数とPC使用人数を連絡します。
もし参加できそうでしたら、今日中に連絡頂ければ 間に合いますので、またおしえてください。

2015年12月 3日|

カテゴリー:仕事

残業 夜勤

今週は夜勤である。夜食を食べていて思うのだが、深夜に食べるカップラーメンはどうしてこんなに美味しいのだろうか。
身体にあまり良くないことは理解しているのだが、これなしではやってられない。
しかしながら、こればっかり食べていると背中ニキビが出来てしまうのは体質であろうか。

早く、こんな生活から脱出して五つ星のフレンチレストランでメニューの価格を気にせず食事を楽しめるような身分になりたいものである。

2012-02-05

身内に不幸があったとのことで、彼が早退して行った。
彼の代わりに、私が彼の持ち場の仕事をすることになった。

サービス残業であろうか?

1週間ほど、彼は慶弔休暇を使用するらしい。
母親がなくなったとのことであった。どんな人間も死ぬのである。今回の葬儀にあわせて組合で一人頭3000円徴収するとのことであった。

私の親も私自身もいつか死ぬ。果たして残りの人生はどんなものであろうか。

多くのことを捨ててきた。多くのことを諦めた。


全て私の不徳のいたすところである。

2015-04-02

隣の部署の仕事がなくなるらしい。
 
旧製品と新製品との切り替えの絡みで、旧製品が製造販売中止になるらしい。

新製品は同業他社へ流れたそうである。

私の勤務先の仕事がなくなり、またもや余剰人員が発生することになる。

昨今の世の中を見ていると株式などの金融資産を持っている人を除けばど
うも経済的にはじり貧のような気がする。社会格差はどこまで広がるのであろうか。

かといって税率を上げると、金持ちから順番に税率の安い国へ脱出してしまう。
この国に残るのは貧乏な人間だけになってしまうのではないか。

考えるだけで恐ろしいものである。

2015-05-24

2015年12月 3日|

カテゴリー:仕事

家を

同居している人間が実に鬱陶しい。今年中に家を出るつもりであるが、問題はいつどのように出るかである。殴り飛ばして出ていくか。ごっそり黙って出ていくか。あるいはもっと別の方法か。いづれにせよ早々に縁を切りたいものである。私の人生の足を引っ張るのは決まって奴らである。

まあ、家族といえばそのようなものなのかもしれないが。

いい年して、同居している私にも問題はもちろんあるのであるが。

2015年9月13日|

カテゴリー:blog

動物

 通常、動物は繁殖を終わると死ぬものだという。確かにそうかもしれない。

では、人の場合はどうなのであろうか。

自分の遺伝子を残したら、死んでも良いのか。何か違うような気もするし、正解のような気もする。

この考えが正しければ社会には高齢者はいないことになる。

しかし、いつの時点で繁殖が終わったと考えるべきか。定義は、どうなのであろうか。


女性なら閉経か。では、男性の場合は、どうであろうか。


そもそも、動物と人は違うのであるから繁殖の定義が異なっても良いのではないか。

2015年9月13日|

カテゴリー:blog

基準尺

そもそも、何故、間違いが起きたのかと突き詰めれば、自分ではなく他人の評価を基準尺としたことから始まるのではないか。折角、あの時、自分自身の軸を持っていたにも関わらず、それを曲げてしまったのは他人からの評価を気にしたからである。

直観力が発露するところまで行ったにも関わらずである。

無論、それ以降に起きた出来事は私にとって必要なことであったかもしれない。

しかしながら、あまりにも惜しくないか。

自分ではない他人の基準尺で見るのは、もうやめよう。

私は私の基準尺で、物事を見るのだ。

2015年9月13日|

カテゴリー:blog